TOP > サーマクールの効果

サーマクールの効果

真皮層内のコラーゲンが収縮

真皮層内のコラーゲンが収縮しその場で皮膚のひきしめを実感することができます。
これがサーマクールの即時的効果です。
サーマクールの施術直後に皮膚のひきしめ効果を即実感できるのは、この原理です。
人間には本来そなわっている自己治癒能力があるため、熱損傷された真皮内の組織を修復していきます。
真皮層は、さらに三層に分かれ、乳頭層、乳頭下層、網状層に分かれます。
網状層は、真皮の大部分を占め、コラーゲン、エラスチン等の線維成分が密になっています。
コラーゲンは、現在までに20種類の分子構造が確認されていますが真皮層にあるコラーゲンの80%はコラーゲンI型です。
残り15%はコラーゲン3型が占め、残り5%は主にコラーゲン5型が占めます。
サーマクールの高周波エネルギーは、真皮層内の最下層である網状層のコラーゲンI型に熱変性を与え、コラーゲンI型が収縮し、皮膚のひきしめ効果を即実感できます。



大量のコラーゲンが増産

次に、高周波エネルギー(熱エネルギー)によってコラーゲンの熱変性だけでなく、真皮内の組織に対しても熱損傷を与えます。
真皮内の組織には、線維芽細胞、組織球、肥満細胞、形質細胞、脈管、神経等の細胞があります。
人間には本来そなわっている自己治癒能力があるため、熱損傷された真皮内の組織を修復していきます真皮内の細胞成分の1つである線維芽細胞が修復される過程で活性化し、大量のコラーゲンを産生します。
そのため、さらに皮膚のひきしめ効果生じ、
期間的には約1~3ヶ月続くとされ、これが長期的な効果となります。


長期的効果の持続

高周波エネルギーによって、コラーゲンの収縮と同時にコラーゲンの破壊も起こるので、線維牙細胞によって大量のコラーゲンが増産され、破壊されたコラーゲンと新しいコラーゲンの入れ替わり起こります。その活性化は数カ月にわたって行われるので長期的な効果となります。
サーマクールには、皮膚のひきしめ効果で、施術直後のひきしまる即時的効果と、1~3ヶ月に渡って皮膚が徐々にひきしまる長期的効果に分かれます。

症例で違いをご覧ください。

妙見ドクターの見解

テキストテキストテキストテストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテストテキストテキストテキストテキストテキストテストテキストテキストテキストテキストテキストテストテキストテキストテキストテキストテキストテストテキストテキストテキストテキストテキストテストテキストテキスト。

施術部位

コンテンツ

アクセス

周辺地図。クリックで拡大。

【住所】
神奈川県藤沢市南藤沢21-7
平野ビル7F
【最寄駅】
藤沢駅南口から徒歩3分。
1階がタイセイハウジーです。
【診療時間】
10:00〜19:00
休診日:不定休
フリーダイヤル
0120-5691-25

藤沢美容外科クリニック総合サイトへ

無料メール相談

無料カウンセリング予約

ページTOPへ

ご予約・お問合せはこちらから...受付時間:10時〜19時/土・日診療 0120-5691-2524時間オンライン受付中(メール/インターネット)
無料メール相談 無料カウンセリング予約